[ ヨーグルトの乳酸菌で健康生活 > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2012年10月31日 | - | - | - |

[ ヨーグルトの乳酸菌で健康生活乳酸菌 > 【日経新聞】インフルエンザウィルス免疫高める乳酸菌(キリンHDなど発見)−2012/3/19 ]

【日経新聞】インフルエンザウィルス免疫高める乳酸菌(キリンHDなど発見)−2012/3/19

 JUGEMテーマ:インフルエンザの脅威


《ウィルスの免疫力を高める乳酸菌をキリンHD&小岩井乳業が発見!》

キリンホールディングス小岩井乳業は、インフルエンザなどのウィルスへの免疫力を高める可能性のある乳酸菌を見つけた。ウィルスが体内に侵入した際に働く免疫細胞の働きを高める作用があるという。

乳酸菌飲料などへの応用を目指す。実験で人の免疫細胞である樹状細胞に、この乳酸菌を振ふりかけた。インフルエンザなどのウィルスを溶かす「インターフェロンα」と呼ぶ物質が約3倍に増えた。乳酸菌の遺伝子が作用したと考えられる。(引用:日本経済新聞2012/3/19)


《インフルエンザウィルスに効く乳酸菌はR-1乳酸菌が先発》

インフルエンザウィルスに効く乳酸菌として有名なのが明治乳業が発見した「1073R-1乳酸菌」で、既に「R-1ヨーグルト」として商品開発もされ実用化している。この「1073R-1乳酸菌」は「NK細胞ナチュラルキラー細胞)」を活性化することで、がん細胞ウイルス感染した細胞を攻撃して除去する働きでインフルエンザウィルスにも効果があるとされる。



このたび、キリンホールディングス小岩井乳業が発見した乳酸菌も「インフルエンザウィルスに効果」があると期待されている。この乳酸菌は「インターフェロンα」を増殖させる効果が期待されている。インターフェロンは抗ウィルスとして有名なたんぱく質(サイトカイン)の一種で、マクロファージNK細胞をともに刺激し、腫瘍細胞に対しても直接的に増殖抑制作用を示す。

《インターフェロンとは》



インターフェロン(英: Interferon、略号:IFN)とは動物体内で病原体(特にウイルス)や腫瘍細胞などの異物の侵入に反応して細胞が分泌する蛋白質のこと。ウイルス増殖の阻止細胞増殖の抑制免疫系および炎症の調節などの働きをするサイトカインの一種である。 医薬品としては、ウイルス性肝炎等の抗ウイルス薬として、多発性骨髄腫等の抗がん剤として用いられている。(引用:Wikipedia)

インターフェロンとは、ウィルスに感染した時に私たちの体内で作られ、分泌されるタンパク質(サイトカイン)で、ウィルスの遺伝子を切断したり、タンパクが作られないようにして、ウィルスが増えるのを抑える抗ウィルス作用を持っています。このほか、細胞増殖抑制作用抗腫瘍効果免疫調節作用細胞分化誘導作用などの生物活性が知られています。しかし、C型肝炎のように感染が持続しやすいウィルスに対しては、体内で作られるインターフェロンではウィルスを排除できません。そこで、インターフェロンを注射で補ってウィルスを排除しようとするのが、インターフェロン療法です。現在のところ、ウィルスを排除できるのはインターフェロンのみです。

インターフェロン製剤にはα(アルファ)、β(ベータ)、γ(ガンマ)の3種類あり、C型肝炎の治療には、インターフェロンαとβが使われます。(引用:神戸朝日病院)



ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2012年03月23日 | 乳酸菌 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ヨーグルトの乳酸菌で健康生活 > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト


ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2012年10月31日 | - | - | - |

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧:
Copyright (C) 【日経新聞】インフルエンザウィルス免疫高める乳酸菌(キリンHDなど発見)−2012/3/19 | ヨーグルトの乳酸菌で健康生活−LG21/R-1/KW乳酸菌. All Rights Reserved.
AX